今回はアナウンスもなしにこっそり変更された忍者の究極スキルについてのお話です。

まずはこちらの動画をご覧ください。

風の主の前に忍者がいるにも関わらず、究極スキルが全体に行きわたらず単発で終わっています。

事の発端はIn-game Issues(不具合報告板)で開かれた次のスレッドでした。



秘密工作員と忍者の挙動がおかしい

秘密工作員の究極スキルには、「最も知力の高いヒーローの後ろに飛ぶ」とあります。たとえば、工作員をコマンドーとセットにして使い、相手の牧師が画面の端にいたとします。この場合、工作員は牧師の後ろではなく正面に移動します。

この問題は忍者の究極スキルにも同じことが言えます。最も遠くの敵の後ろに移動して攻撃するとありますが、上記同様コマンドーとセットで使用すると画面の端にいる牧師ではなく、その手前の中列のヒーローに攻撃を加えます。

この忍者とコマンドーの不具合の修正をお願いします。

Official Forum / In-game Issues
Arcane Sapper and Ninja Assassin false behavior



簡単に要約するとこのような内容の投稿でした。
後述しますが、実はこの内容には一部誤った認識がありました。そのせいもあって、この投稿以降さらにややこしい問題へと発展していきます。



開発サイド:Bettyの返答

しばらくするとこの投稿に対して、他のプレイヤーからいくつかの指摘がありました。

・コマンドーとセットでなくても発生する
・相手が古代の防衛者でも同じことが言える

これを受けてBettyさんは次のように応えます。

Betty「ヒーローの後ろにスペースがない場合はこういう風になる仕様です。そしてこのことは戦闘により多くのバリエーションをもたらします。私たちは説明文を長くし過ぎるのは避けたいので、この事実を説明文に追加することはしません。」

この投稿を受けたプレイヤーは、さらに次のように指摘します。


・牧師の後ろにスペースがあっても回り込まないことがある。

これは画像付きだったので物的証拠としては十分でした。

さすがにこれは不具合の可能性が出てきたぞ、ということで開発チームは検証を行い修正することを約束しました。




それからしばらく何の音沙汰もなく1カ月が経過した10月のある日。

再び忍者に関するスレッドが不具合報告板に立てられました。

Official Forum / In-gmae Issues
Ninja Assassin's teleport position: change without announcement?


要約すると次のような内容でした。
「Bettyさん、こんにちは

開発チームは忍者の究極スキルの挙動を変えましたね一番後ろの敵を攻撃するようになってます。

しかし何故それをパッチノートに記載しないんでしょうか?

私は古代の防衛者を忍者のカウンターに使っていました。なぜなら忍者は本体ではなく手前の花に攻撃していたからです。それが修正後の現在は直接本体を切り刻むようになったので使い物にならなくなりました。」

さらにミスティックの究極スキルも忍者が後ろにいることになっているせいで、忍者に当たらなくなってしまったとも言っています。

このスレに対してBettyからの返答は現在もありません。

そして10月4日に次のスレが立てられます。

Official Forum / In-game Issues
Ninja Assassin teleport position change affecting Ancient Protector


ここまで忍者の話で持ち切りでしたが、このプレイヤーは忍者の移動先が修正されたせいで古代の防衛者が使い物にならなくなったのは”古代の防衛者の弱体化”だと発言しています。

これに対して珍しくEmberさんからの返答がありました。(不具合報告板での受け答えはいつもBettyさんが担当していました)

Ember「フィードバック感謝します。開発チームに伝えておきます。しかしながら、忍者の究極スキルは最も遠くにいる敵にクリティカルダメージを与えると明記されていることをご承知おきください。」

そうなんです!忍者のスキルは工作員と違って後ろに回らないんです!なのに後ろにスペースがなく回り込めなかったからとうい理由で手前のヒーローを攻撃してたんです!それが修正されて一番後ろのヒーローを攻撃するようになったんですが…


後ろに回り込んでいるという設定


さて、ようやく本題です。随分と長くなりました(汗
Development Journalに変更点の記載もなくスレッドに対する返答もないまま知らない間に修正されていた忍者のこの問題。これが更に波紋を呼びます。

冒頭の風の主の動画に戻りましょう。
この現象は忍者が後ろに回り込んでいるという設定のせいで発生しているようです。

つまり表示されている画面上において忍者は風の主の前にいますが、実際にはその後ろにいることになっているんです。

風の主の究極スキルは前方の敵を薙ぎ払うタイプのもので、前述のミスティック同様後ろ向きで攻撃すると後ろにいるヒーローにしか攻撃が当たりません。

しかしながら動画を見ると、風の主はしっかりと正面を向いています。にもかかわらずダメージは忍者にしか発生していません。(非常にわかりづらいですが…)

そのスレッドがこちらです。
Official Forum / In-game Issues
HC 1.9 - Windmaster Ult Skill not working?

この報告についてはまだ開発からの返答はありません。


まとめ:忍者ならあるいは

なんのアナウンスもなしに変更されたこの忍者問題。

・なぜ変更点をパッチノートに記載しないのか

・なぜスキル説明文には”後ろに”と書かれていないのに当初から後ろに回り込んでいたのか

・そしてなぜその設定が残ったままで不可思議な現象が発生しているのか

これに関しては開発チームからの返答を待つばかりです。

と思ったらいつの間にかパッチノートに忍者の項目が追加されてるじゃないですか!この記事書いてる途中でなんとなくDevelopment Journal見てたらありましたよ!

Version 1.9.0.34- 09/30/2015
・Improved the ult skill of Ninja Assassin

・忍者の究極スキルを改善しました

後からこっそり追加したんですかねぇ…

まぁそれはいいとして、現状いえることは:

・古代の防衛者を忍者のカウンターに使ってはいけない

・風の主を始め、一方向に放つタイプのスキルを使うヒーローは忍者との対戦で概ね不利である

という2点でしょうか。

長々と話してきましたが、残念ながら現状でわかっていることはこれだけですね。また何か動きがあればまとめたいと思います。


今後どのように修正されるのか気になりますが、忍者というキャラ設定ならこれはこれでアリなんじゃないかと日本人の僕は思ったりもします。

そうです!変わり身の術です!

いっそ覚醒スキルはこれでどうでしょう?ucoolさん(∩´∀`)∩

10月のマジックストーンヒーロー、グリフィンの情報をお知らせします。


スキル

1.Army of Birds
パーカーは敵全体に鳥の群れを召喚して強力な全体ダメージを与える。



2.Eggs
パーカーはランダムな敵(複数)に卵を産み落とす。その卵が氷なら敵を凍らせ、炎ならダメージを与える。


3.Wing Sweep
パーカーは前方の敵を吹き飛ばし、ダメージを与えてノックバックさせる。


4.Hover
パーカーの回避能力を上昇させる。
※レベル毎に0.7上昇 / Lv94で65.8

2ndスキルのみ魔法攻撃。他は通常攻撃含め全て物理攻撃。

タイプ:力
ポジション:前列 ※最後列 コマンダーより後ろ
属性:飛行

攻撃パターン:通常→2ndスキル→3rdスキル→通常×3→2ndスキル




感想

スキルは面白いんですが、いかんせん装備が残念ですね。パッシブで回避上昇が付いてますが装備には一切回避の上昇するものがありません。なのでLv94の段階で回避はたったの66です。ちなみに回避65のリーブスは命中12の忍者に簡単に処理されます…。

さらに2ndスキルはランダムな敵にランダムな効果な上、魔力が上昇する装備が少ないのでダメージも期待できません。さらに開幕の通常攻撃の後に発動するので沈黙者やデスメイジの沈黙スキルに弱いです。沈黙抵抗が0なので確実に沈黙させられます。北の竜でも同じですね。

そして他のスキルが全て物理攻撃にも関わらず命中が0です。代わりに物理クリティカルがLv94で822もあります。前列ヒーロの中ではトップクラスですが、当たらなければ意味がないというなんともランダム性の強いヒーローのような気がします。

ただし、究極スキルと3rdスキルはヒットすればかなりのダメージを期待できます。公式フォーラムで94/O2のグリフィンを試したプレイヤーによると全体攻撃で14000前後のダメージが出たそうです。これにクリティカルが存在するとなると恐ろしい火力ですね…
ソース

アリーナやGAでの活躍はあまり期待できなさそうです。外界の扉の北の竜で苦しんでる人は取ってみてもいいかもしれませんね(∩´∀`)∩


おまけ

前列のヒーローのステータスを比較してみました




グリフィンアドミラル瀬の守人クロスナイトデスブリンガー
力成長9,99,99,899
知力成長36,65,75,44,2
素早さ成長8,43,95,166,3
22302574227019921914
知力9581170113210941209
素早さ1395930106711471157
最大HP5244254799520565100749174
物理攻撃力39204501387534363033
魔力25342809274726443242
防御力649732921637635
魔法耐性298404475471498
物理クリティカル822721577661575
防御貫通331515200
魔法クリティカル2000055
魔法耐性無視240000
ライフ奪取2540658625
命中00008
回避66250035
HP自動回復39705110465542703885
エナジー自動回復424460345240229
回復向上300000
エナジー消費軽減01515150
沈黙抵抗000030
スキルレベル上昇00000
支配時間低下3535353535

今回使用した比較サイトはこちら
今月は周年イベントにサソリの一般落ちかー

楽しみだなー楽しみだなー

と期待に胸を膨らませ迎えた10月

…え?サソリさんアリーナにいるんですけど?

これには驚きました( ゚д゚ )
まさかとは思いましたが、こちらは運営の手違いによるもので、現在はGAショップに修正されています

そして、散々騒がれていた弱体化ですが…

今回は弱体化ではなくスキルの発動条件を調整するという形を取ったようです。


調整されたスキル

以下、パッチノートより抜粋

Development Journal
Version 1.9.0.34- 09/30/2015

Improvements:

・Adjusted the trigger mechanism of Scorpion Queen’s 3rd skill.

今回調整されたのは3rdスキルの発動条件です。それでは何がどのように変更されたのか、詳しく見ていきましょう。


修正前


3.Venom
アリサは一定量のダメージを受ける度に、近くの敵にスロウ効果を与える毒を吐き出し魔法ダメージを与える。



こちらは修正前のスキル説明分です。
サソリを持っている方は確認して頂くとわかる通り、文章は何一つ変更されていません。

では、一体何が変わったのでしょうか?

それは、”一定量のダメージ”でした。

海外のプレイヤーが早速検証動画を上げています。
英語が聴き取れない方のために簡単に説明します。

動画ではサソリがどれだけのダメージを受けると3rdスキルが発動されるかということを検証しています。
忍者とリーブスの攻撃を3回受けるとスキルが発動されました。このダメージの総計が10359でした。
次に、サソリの現在のHPを確認します。最大HPは24680です

10359÷24680=0.41973258

よって、最大HPの41%のダメージを受けることでスキルが発動されたと証明されました。

この数値は前後するので正確なものではありませんが、”一定量のダメージ”がどれほどの数値かというのは把握できました。


※訂正
Redditに更に詳しく検証したプレイヤーがいました。彼曰く、修正前は15%のダメージで反射していたものが、修正後は30%になったそうです。
詳しくは以下の記事を参照してください
Scorpion Queen Test Results and Underlying Game Mechanics

まとめ

今回の調整によってサソリの女王は以前ほどの強さは失ったものの、構成によっては相変わらず厄介な相手に変わりはないでしょう。

ただし、試練や時空、ギルドレイドに外界の扉などでは明らかにダメージが減ると思うの注意が必要です。

今後、サソリと対戦するにあたって注意すべき点は:
・サソリのHPを序盤から大きく削るようなヒーローは使わないこと(立ち位置含め)
・フル物理チームで挑まないこと
・星や昇格値が低いサソリは無視して問題なくなる(と思う)
・ヒーラーチームに気を付けること
・コマンダーの覚醒やデスメイジの覚醒で化ける可能性が大いにあるということ



ちなみにサソリの女王は…

・遠征で落ちる ソース
・ゴールドチェストからも出る ソース



サソリを取るか装備を取るか…

難しいところではありますが、

おそらく星5O2を目指すなら十分に取る価値はあると思います

しかしながら星3の状態ではそれほど使い物にならないんじゃないかと…

まぁ、なんにしろ

取るか取らないかはあなた次第!m9( ゚д゚)