※この記事は2015/06/29に書かれたものです。現在とはステータスに違いが生じている可能性があります。ご注意ください。

ヒーローのステータスには様々な種類が存在します。
基本の3要素、力/知力/素早さが何に影響するのかは知ってる方も多いと思います。

では、次の質問にも答えられますか?
〇ライフ奪取っていつ奪取してるの?
HP自動回復って時間経過で回復してるの?
〇物理クリティカルって確率なの?ボーナスなの?

今回はステータスに関するこんな疑問について一つ一つ解説していきたいと思います(∩´∀`)∩


基本


知力
素早さ


派生

最大HP
物理攻撃力(攻撃ダメージ量)
魔力
防御力(アーマークラス)
魔法耐性


応用

物理クリティカル
魔法クリティカル
HP自動回復
エナジー自動回復
回避
命中 ※06/30 23:00 追記
防御貫通
魔法耐性無視
ライフ奪取力
沈黙無効化
エナジー消費を軽減
回復上昇
Under-control Time Reduced by(支配時間低下)



はじめに

ステータスの基本となる力/知力/素早さの関係

〇力が上がる毎にHP18、物理防御が0.14増えます
〇知力が上がる毎に魔力が2.4、魔法耐性が0.1増えます
〇素早さが上がる毎に物理攻撃力が0.4、物理防御が0.07、物理クリティカルが0.4増えます

さらにヒーローのタイプによって物理攻撃力が増えます。力タイプのヒーローの力が上がれば物理攻撃力も増える。知力タイプの知力が上がれば物理攻撃力も増える。逆に力タイプで素早さが増えても物理攻撃力は0.4しか増えません。

基本ステータスは以上の項目にのみ影響します。
そうです。何故か魔法クリティカルは装備でしかその数値を増やせません。そのため知力タイプのヒーローにとって魔法クリティカルの付いた装備は非常に重宝されます。なんせ魔法は回避されることがないのですから。(詳しくは後述)

次に

最大HP
物理攻撃力(攻撃ダメージ量)
魔力
防御力(アーマークラス)
魔法耐性

この項目について見ていきましょう。
〇最大HP=力×18=ヒーローの体力です、これが0になると戦闘不能となります
〇物理攻撃力=力×=通常攻撃と物理スキルに影響する能力値です。物理攻撃は回避される恐れがあります。
〇魔力=知力×2.4=魔法スキルで相手に与えるダメージに影響します。魔法攻撃は100%命中します。
〇防御力=力×0.14=素早さ×0.07=物理攻撃に対する防御力を表します。この数値が高いほど物理攻撃による被ダメージを軽減します。
〇魔法耐性=知力×0.1=魔法攻撃に対する防御力を表します。この数値が高いほど魔法スキルによる被ダメージを軽減します。

と、ここまでは基本的なことを説明してきましたが、次からはいよいよ謎の多い項目に入っていきます。

物理クリティカル

この数値はクリティカルが発生する確率を指しています。クリティカル時のダメージは200%です。
この数値が高ければ高いほど物理攻撃がクリティカルになる確率が増加します。
※ただし、あくまで物理攻撃なのでクリティカルになっても回避される可能性が存在します。忍者の究極スキルで必ず最初の一撃がクリティカルになるとしてもその最初の一撃が回避されることもあるということです。
※クリティカルダメージも相手の防御力に依存するため必ずしも200%にはなりません。

魔法クリティカル

魔法攻撃によるクリティカルの発生確率を表しています。魔法攻撃は先ほど述べたとおり100%命中します。ヒット時のダメージは同じく200%です。

HP/エナジー自動回復

自動回復とありますが戦闘中に徐々に体力やエナジーを回復しているわけではありません。ステージを移動する際に発生する回復を指しています。
この項目はその数値がそのまま回復量になってます。
たとえばHP自動回復が3000ならばステージ移動の際に3000HP回復します。エナジー自動回復が500ならステージ移動の際に500エナジー回復します。
※ちなみにエナジーの最大値は全てのヒーロー共通で1000です。

つまり、アリーナでは全く意味を持たない数値になります。遠征ハードでも同じく意味をなしません。

回避

物理攻撃に対する回避率を表します。魔法攻撃は回避できません。この確率は相手の命中率によっても変動します。
PVE(キャンペーン)で検証された方がいますが、対人戦では無意味な数値になるので紹介は省きます。
回避は80以上あって初めて役立つくらいのものだと思っておいた方がいいです。回避50前後だと命中12もあれば大体当たります。
ゲーム史上最高の回避率を誇る深淵の声の回避は160です(2015/06/29時点)。ここまでいくと物理攻撃はほとんど当たらないと思った方がいいです。
※参考動画(DODGEと出ているのが回避です)


命中

回避と正反対の能力が命中です。回避は物理攻撃を回避する確率を高めるものですが、命中はその逆で物理攻撃を当てる確率を高めるものです。
この命中という数値が高いほど攻撃が当たりやすいというだけで、攻撃力が上がったりクリティカルの確率が上がったりということはありません。

たとえば前衛戦士の4thスキルは命中を高めるものですが、これは彼の究極スキルが後列のヒーローに物理ダメージを与えるためです。
なぜなら後列にはリーブスや風の主、サキュバスといった回避率の高いヒーローが多いからです。

物理攻撃 + 遠距離攻撃(自身の位置から離れた敵への攻撃)
この条件に当てはまるヒーローにのみ命中が付与されています。
例:忍者、リーブス、復讐、風の主
工作員は知力の一番高いヒーローに飛ぶため命中は必要ありません。

防御貫通/魔法耐性無視

この項目はまだ不確かな情報が多いです。一般的に言われてるのは相手の防御力からこの数値の分だけ防御力を減らすということです。
相手の防御力が600で、こちらの防御貫通が80ならば、実質相手の防御力は520になり物理ダメージが上昇するという考え方です。魔法耐性も同様です。

ライフ奪取

相手に与えた物理ダメージの量によって、相手のHPを一定量奪う能力です。
この能力は特定の装備戦長の3rdスキルによってのみ付与されます。

ライフ奪取能力をチーム全体に付与する。
オーラ:チーム全体のライフ奪取レベルを26.7上昇させる。

このスキルが適用されるのは物理攻撃だけです。つまり物理攻撃を持たないヒーロー、沈黙者や隠された針(聖属性)、通常攻撃も魔法攻撃である手練れの魔術師などには効果を発揮しません。
元々ライフ奪取の能力が付与された装備を装着しているヒーローはこの能力を持っているので、戦長のスキルではそのレートが上昇するということになります。
※隠された針は多くのライフ奪取装備を持っていますが一切ライフ奪取はできません。こちらは聖属性にクリティカルが存在しないのと同様、仕様らしいです。ただし沈黙状態では聖属性の攻撃ができなくなるのでライフ奪取もクリティカルも発生するようになります。

相手の頭上の赤色が与えたダメージ量
戦長の頭上の緑色がライフ奪取によって得たHPの回復量

ライフ奪取の数値はパーセンテージではなく、一定のレーティングによって定められているようです。必ずしも100分率にならなかったので他の数値が影響しているかuCool独自の取決めがそこにあるのかもしれません。

この数値が高ければ高いほど生存力は上がります。エンバーブレイドが4thスキルで飛んで帰ってきたあとにHPが一気に回復するのはこのためです。
復讐の精霊やシャドウリーブスが戦長と相性がいいというのは、早い段階からライフ奪取装備を装着でき、元々の数値にさらに上乗せされるのでチーム全体の生存力が上がるからです。

※07/26追記
ライフ奪取の細かい数値の算出方法が公式のスレにありました。
トータルのライフ奪取値÷(トータルのライフ奪取値+ターゲットのレベル+100(固定値))=X
上記の計算式で出た数値に100を掛けることでパーセント表示に変換できます。

たとえば、Lv90の敵相手にLv89でオレンジの猿を戦長と一緒に使った場合:
156+26.7/(182.7+90+100)=0.49020660048=49%

ライフ奪取の特徴
〇デスメイジの究極スキルでは奪取できない
〇範囲物理攻撃は割合が半分になる 1/2%
〇聖属性による攻撃ではライフ奪取不可
〇全ての物理攻撃でライフ奪取が可能

ソース

沈黙無効化

一定確率で沈黙スキルを無効化する能力です。P4以上の特定の装備でしか得られません。この数値は全ヒーロー共通でP4で最大値(40%)に達し、オレンジで10%減少します。
※ただし新装備で多少の変動があります。

エナジー消費を軽減

究極スキルを発動するのに必要なエナジーを一定割合軽減してくれる能力です。
究極スキルの発動に必要なエナジーは1000です。エナジー消費を軽減+10%なら究極スキルを実質900で発動することが出来るということです。
しかし、この数値は発動後に計算されるのでエナジーが1000貯まらないと発動できないというルールは変わりません。発動した後に差額分のエナジーが瞬時に回復するという仕組みです。

回復上昇

HP回復スキルを受けた時の回復量が一定割合上昇します。

Under-control Time Reduced by(支配時間低下)

新装備で新たに追加された能力です。これはコントロールスキルの効果時間を減少させるものです。たとえばこれが35%なら沈黙に掛かった場合の時間が35%減少し、いつもより早く状態異常から回復するということです。
※コントロールスキル:沈黙、目つぶし、石化、眠り、凍結など


以上、ステータスの各項目について解説させて頂きました!わからないことがあれば何でも質問してください(/・ω・)/にゃー
※この記事は2015/06/24に書かれたものです。実装当時の見解であることをご理解ください。環境の変化によりメタは変わります。

先日実装されたオレンジ+1/+2について、ある程度情報が出揃ってきたのでまとめます(∩´∀`)∩


目次

→装備の能力値
→オレンジ+1
→オレンジ+2
→優先順位
→覚醒による順位変動
→まとめ
(リンクで段落に飛ばす方法わからなかったので飛べませんwただの目次ですごめんなさいw)


装備の能力値

先ず初めに今回実装された新装備について見ていきましょう。
90装備一覧表を作成した際に気付いた事ですが、オレンジ+1以降の装備には特定の能力が付与されていません。

オレンジ+1/+2で獲得できないステータス

〇命中
〇回避
〇ライフ奪取
〇エナジー消費を削減
〇回復能力向上

以上の能力を獲得できません。(ただし牧師のみ旧装備であるホーリーシードで回復能力向上+12%を獲得できます)

つまり、命中と回避の関係性はオレンジ+0までと変わらないということです。オレンジ忍者(命中+12)の攻撃はP4コマンドー(回避+80)によく回避されるという関係性は崩れません。ちなみに回避+55のリーブスには全て当たりましたw
(あくまで確率の問題なので運が悪かっただけかもしれません)


下から4番目のDodgeが回避です




次に、オレンジ+1とオレンジ+2でのステータスの特徴を見ていきます。

オレンジ+1

最大の特徴はなんと言っても魔法耐性でしょう。
魔法耐性が大きく上昇するのは前列のヒーローと忍者や工作員などです。オレンジ+2にすると-100近く減ることになります。

エンバーブレイドの場合


左側が本家のエンバーブレイドO+1、右側がヒーローズチャージのエンバーブレイドO+1です。
魔法抗性というのが魔法耐性を表しています。
見てわかる通り、本家では119.9+86.1、こちらでは119+167となっています。206286、実に+80も差が付いています。

本家のプレイヤーは全てのヒーローをO+2にしています。それが一番強いからです。しかしながらこちらではO+1の方が特定の状況や組み合わせで活躍するということがあるかもしれません。


オレンジ+2

韓国のプレイヤーが既に22体ものヒーローをオレンジ+2にしています。22体全てのヒーローの画像はこちらのサイトで確認できます。

オレンジ+2で特徴的なのは力タイプのヒーローのHPの高さと防御力でしょう。アドミラルや瀬の守り人は異常なまでに硬くなります。
しかし何といっても注目すべきは知力タイプの魔力の高さです。といっても本家と比べると数値は若干(-10前後)下がります。

(※ちなみにどの数値も若干の誤差はあるものの本家と殆ど変りませんでした。O+2だけに関しては以前まで使用していた比較サイトが有効だと思います。)

特に帝国処刑人の魔力は8000を越えます。物理攻撃は回避される危険性がありますが、魔法スキルは必ず命中します。ここが大きな違いです。
上から8番目、6272+1761が魔力

そこで重要になってくるのが魔法耐性です。本家で堕天使を使っているプレイヤーを全く見かけないのは、O+2での彼の魔法耐性がたったの170しかないからです。忍者ですら217もあります。猿も187と低めですが、ミスティックの覚醒スキルで250を優に越えます。
真ん中あたりにある164+6が魔法耐性

少なくとも魔法耐性の低い(200以下)前列/中列ヒーローはO+2が溢れる頃には使い物にならなくなっているんじゃないでしょうか。

※ちなみに堕天使はO+1でも同じ魔法耐性です。


優先順位

お待たせしました。ようやく優先順位の発表です。
といってもサーバーやアリーナの周りの面子によって優先順位は様々に変わってくると思います。

ここでは優先して昇格した方がいいヒーローを役割別にまとめてみていきたいと思います。

前列の盾役

総合
位 アドミラル(覚醒)
位 瀬の守り人(覚醒)
位 鉄の蹄

対 魔法チーム
位 サイコパス(覚醒)
位 デスゴア

〇対 特定のヒーロー
位 デスブリンガー(深淵、猿、堕天使の分身対策)

中列魔法火力

位 帝国処刑人(覚醒)
位 機械士
位 エンバースター(覚醒)
位 サキュバス(覚醒)
位 デスメイジ

中列物理火力

位 忍者
位 クラウドウォーカー(覚醒ミスティックと併用)

中列サポート

位 沈黙者

後列魔法火力

位 風の主(覚醒)
位 ミスティック(覚醒)


いくつか取り上げて説明していきます。

〇アドミラル
覚醒することで圧倒的なHPを獲得することができます。更にオリジナルズのHPも上昇させるので牧師とセットで使うことで忍者対策にもなったりします。単純な硬さで言えば瀬の守り人がトップ、防御力なら蛮人がトップ、総合的に硬いのは鉄の蹄でしょう。

〇デスブリンガー
覚醒ヒーローのまだ少ないヒーローズチャージではトップの壁&カウンターヒーローとされています。分身対策として重宝されてます。壁としても覚醒なしにしては十分硬いです。

〇忍者
命中/HP/魔法耐性の低さが弱点でしたが、O+1では魔法耐性が300を越えます。O+2では100以上下がりますが、その分火力がぐんと上がります。O+2の装備が全部揃っているなら昇格、揃ってないならO+1がいいそうです。

〇サキュバス&風の主
覚醒装備で回避が80を越える体です。忍者対策にはもってこいなだけでなく、その魔力の高さから後列の火力としても人気です。レベルキャップの解放でスキルレベルが上がるので回避は更に上昇することになりますね。

〇クラウドウォーカー
つい先日オレンジ+1で装備できる魔法クリティカルの上昇する装備を、別の適した装備に取り換えると発表のあった猿ですが、この装備によってその優先度は大きく変わってくると思います。現状では急いで育てる必要はありません。


覚醒による順位変動

今後新たに覚醒が追加された場合、以下のヒーローの優先度が上がります。

〇神官
覚醒スキル:神官が回復した味方の防御力を20秒間270増加させる。
覚醒でトップクラスのヒーローになります。本家では魔法チームの前列で一番使用されているヒーローで、アリーナだけでなく遠征やギルドレイドでも活躍しています。
工作員や忍者、深淵の声などを守るのに適しています。古代の防衛者との組み合わせはトップクラスのコンビとして有名です。

〇デスメイジ
覚醒スキル:女性ヒーローの魔力を上昇させる。
覚醒O+2で強力なアリーナヒーローになります。特にデスメイジ/サキュバス/風の主は最強のコンビとされてます。

〇ソウルハンター
覚醒スキル:ヒーローが倒される度にHP30000のスケルトンを召喚する。
O+2で輝くヒーロー。魔法耐性と味方への回復で活躍します。その代り物理防御が低いですが、神官と一緒に使うことでその弱点をカバーできます。覚醒スキルは戦長の復活よりも有用で戦長の出番はなくなります。

〇コマンダー
覚醒スキル:女性ヒーローのHPを上昇させる。
上記の女性チーム、デスメイジ/サキュバス/風の主と一緒に使うと最強のチームが完成します。しかしながら分身に究極が当たってしまうという弱点があります。(本家では分身に攻撃が当たらないようになっているそうです。)←こちらでも分身にスキルが当たらないようになっていました。


まとめ

長くなりましたが、とりあえず何から昇格したらいいかということを大雑把にまとめてみます。

〇先ずは何よりもアドミラルでしょう。
〇次に持っているならデスブリンガー。
〇それから知力タイプのヒーロー、帝国、機械士、エンバー。
〇加えて忍者。
〇忍者が周りに多いならサキュバス&風の主。
〇サポートとして一番使われる沈黙者も忘れてはいけません。

※忍者はO+2の装備が全部揃ったら昇格、それまではO+1フル装備がベスト。

逆に本家で見かけないヒーロー
〇堕天使
〇戦長
〇酔拳の達人
〇不死鳥
〇古き呪い

→不死鳥と古き呪いは一方向にしか究極スキルが放てないため簡単に対策ができてしまう。
→堕天使は魔法耐性の低さから瞬殺されかねない。
→壁の選択肢が増えるため戦長や酔拳の必要性が薄れる。

しかしながら、装備が簡単に手に入らないこととレベルキャップが解放されることで本家とはバランスが変わってくると思うので、ヒーローズチャージではまだ暫くは使えるんじゃないかなと思ってます。

とりあえずアドミラルの昇格を最優先にして好きな魔法火力を上げて行けばいいと思います。物理火力や素早さヒーローは後回し。忍者の育成と忍者対策。とりあえず新しいヒーローが出てくるまではこんなとこだと思います。

以上、オレンジ+1/+2についてまとめてみました。参考になればいいなぁ(∩´∀`)∩
Official News
Version 1.9 Preview

かれこれか月ほど前に開かれたスレッドなんですが、617日に投稿記事の差し替えがありました。更新ではありません。

このスレは毎回新しいバージョンをアップデートする前に「こんなことやあんなことするよ!みんなの意見聞かせてね!」という感じでプレイヤーの意見を聞いて、新バージョンについてあれこれ運営が考えるのに役立てていました。

以下、今回新たに差し替えられた記事の要約です。

先ず最初に運営のエンバーさんから
「ゲームバランスとかどうやったら楽しく遊んでもらえるかなとか考えて、今回Ve1.9の内容調整しました。こちらがプレビューです。参考にしてね。」


7月の新ヒーロー

Crossed Knight≪サインインヒーロー≫:前列の壁役、CCスキルを持ち、生存能力に長ける。
Turtle Fighter≪マジックストーンヒーロー≫:前列の壁役、CCスキルを持ち、防御に優れ、カウンター攻撃を有する。
Scorpion Queenマジックストーンヒーロー≫:中列の魔術師、強力な範囲魔法ダメージを与え、高い魔法抵抗を持つ。

CCスキル:状態異常(眠り、石化、沈黙など)

(uCoolのローカライズ傾向からすると)
もし日本語にするなら、上から
☆十字騎士
☆亀戦士
☆女王サソリ
みたいな感じになるでしょうかw

続いてNew Features

新コンテンツ

☆チームレベルキャップを100まで解放します。
☆ノーマル/エリート/ギルドレイドの15章&16章を導入します。


以上が今回新たに発表されたVer1.9の内容です。
突然のレベルキャップ解放には驚きました。ちなみに本家はまだ90キャップです。O+2の装備も90で装備できるのに100まで解放するってことはO+4、はたまたその上の赤とかピンクとかくらいまで実装する気なんでしょうか…。

なんにしろ古参にとって嬉しいのは15章&16章の解放じゃないでしょうか。新装備の入手方法が増えればリアルマネーとGAコインが節約できますね(∩´∀`)∩


最後に残念なことです。。。

か月前に発表された同じプレビューから以下の項目が削除されています。
☆同レベルでの崇拝機能
☆グランドチャレンジ実装(SSとアイテムが手に入る新コンテンツ)
☆コマンダーの覚醒
☆ヒーロータイプの追加(たぶん女性とか、悪魔とか)
☆装備合成システムの向上

さらになかったことにされている項目
☆ソウルショップにサモナー(新ヒーロー)追加
Guild War


実にこれだけの項目が削除されています!
おそらくですがサモナーはもう来ないでしょうね(´・ω・`)
uCool vs Lilith Gamesの訴訟問題については未だに言及されてないので解決には至ってないものの、ある程度の方向性は決まってきたんじゃないかなーと思います。これからはuCool独自のヒーローやシステムが追加されていくんだと思います。

これはあくまで7月に更新予定のバージョン情報を載せているだけなので、また今回のように前回から変更される点が出てくるかもわかりません。シルバーランスでも集めながら気長に待ちましょう(∩´∀`)∩

ついにオレンジ+1/+2が実装されました!

Version 1.8.4.18- 06/15/2015

更新点
・新しいヒーローの昇格レベル:オレンジ+1、オレンジ+2

Version 1.8.4.17- 06/13/2015

更新点
・グランドアリーナショップとゴッドファーザーに新しいアイテムを追加しました
・ヒーローの音声の改良

Official News


今回のアプデで追加された新オレンジ装備(90装備)についてわかっていること、本家の刀塔傳奇と違う点、GAコインの必要枚数などについてまとめてみました(∩´∀`)∩

とりあえず…

現時点でわかっていること

・90装備はGAショップとゴッドファーザーで完成品のみ入手可能(【訂正】ゴブリン商人には並ばない)
・フラグメントは存在しない
・本家の新装備とは数値/内容共に若干の差異がある
・オレンジ+1/+2での装備の内容は、90装備以外は本家と同じ
・オレンジ+1で90装備が1つしかないのはリーブスだけ(たぶん)
・覚醒装備は引き継がれるが、能力値は上乗せされない
・オレンジからは空欄以外の全5カ所の装備が揃うと昇格できる
・覚醒クエはオレンジ/+1/+2のどのレベルからでも可能

なんと!今回実装された新装備にはフラグメントが存在しません!GAショップで大量のGAコインと交換するか、大量の宝石でゴッドファーザーなどから購入する以外に方法がないという鬼畜仕様!
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!

待て待て落ち着こう…
そんな金払えば強くなるシステムじゃ誰も遊ばなくなってしまう。きっと新しいコンテンツが実装予定なんだきっとそうだ。

ということで本家での入手手段を以下にまとめてみました↓

刀塔傳奇で90装備が入手可能な場所

・外界の扉難易度7&8(6までとは別のボス)
・試練難易度7&8
・キャンペーン15章&16章(フラグメントのドロップ)
・ギルドレイド15章&16章
・GvG(ギルド戦争)ショップ
・王座の塔 勝利報酬(ランダム)
・寺院報酬
・フラグメントが存在するので通常のショップやソウルショップでも買える可能性あり
・90装備のフラグメントは紫が50個、オレンジが60個で完成

外界の扉難易度8

王座の塔

ちょっと調べただけでこれだけの入手経路がありました。そしてみなさんお気づきかもしれませんが、キャンペーンのステージ選択画面の下、緑色の点が14個から15個に増えてます(゚Д゚)
これはキャンペーン15章が近いうちに実装されるかもしれません

という淡い期待を抱きつつ再び現実と向き合ってみましょう(´∀`)

GAコインで装備を集める場合に掛かる日数

・GAランク11~119位を維持で1時間34枚
・1日あたり34枚×24時間=816枚

実に1日816枚しか稼げません。ランクが200位以下なら700枚前後になるでしょう。
オレンジ+2で装備を全部揃えるまで一体どれだけの時間が掛かるんだ…

ってなことで、90装備一覧表作りました。
これで必要数がわかると思います。ちなみに、合成による作成が可能な90装備は、旧装備も必要なので素材を集めてから合成する方が安く済みます。
この完成品は4368コイン

素材は1868コイン

しかしながら、うまいこと合成して安く済ませたにしてもオレンジ+2までに最低でも90装備が5個以上は必要になってきます。


たとえばエンバーブレイドの場合

O+1で3種類8472枚、O+2で4種類11340枚、合計7種類で19812枚必要になります。

19812÷816=24.2794.... 

つまり最短でも24日以上掛かることになります。

1ヒーローにつき約1カ月、アリーナ5体で約5カ月、GA15体で1年以上!?

ぶっとんでますね…

はやいとこ新コンテンツが実装されることを祈りましょう\(^o^)/

今回はとりあえずこの辺で、次回はオレンジ+1+2に昇格するタイミングについて考察してみたいと思います!

Version 1.8.4.16- 06/11/2015


不具合修正
・ドワーフの2ndスキルが妨害されたにも関わらず効果が途切れない現象を修正しました。
・ドワーフの2ndスキルが前列に並ぶ複数のヒーローにスタンが入っていた問題を修正しました。


Version 1.8.4.15- 06/10/2015

不具合修正
・遠征で勝利した後、先に進めなくなる問題を修正しました。
・洞窟で報酬が消える問題を修正しました。


 2日続けて不具合の修正がされたようなのでここにお知らせしておきます。
 
 ゲーム内で届いたメールは、「不具合ばかりで迷惑掛けてごめんなさい。一通り修正したVersionリリースしたので勘弁してください。お礼にこれどうぞ。」という内容で宝石とお金が添付されてましたね。

Version 1.8.4.14- 06/09/2015


追加されたコンテンツ
・ドワーフとウィッチの説明をローカライズ(翻訳)しました。

不具合修正
・遠征で進めなくなる不具合を修正しました。
・ドワーフの究極スキルに効果音が適用されてない問題を修正しました。
・ドワーフの通常攻撃がダメージを与えられない問題を修正しました。
・忍者がウィッチを攻撃すると画面がフリーズする問題を解決しました。
・牧師がウィッチを誘惑すると画面がフリーズする問題を解決しました。
・神官の究極スキルがドワーフの突進を防ぐことが出来てしまう不具合を修正しました。
・ウィッチの究極スキルが相手のチームのウィッチの究極スキルに効果を発揮した際に画面がフリーズしてしまう問題を修正しました。
・今現在、ウィッチの究極スキルは重複しません。(仕様)

Official Forum


新ヒーローの翻訳と不具合の修正がされたみたいです。覚醒クエストが終わらない問題については言及されていませんでした。もちろん1.9の話も(´∀`
月のサインインヒーローDwarf Warrior(Keane)の詳細です。
06/07更新
・Lv.90でのスキル上昇値(*)を追加しました。
06/08更新
・スキル2のスタンは前列に並ぶヒーロー全てに入ることが確認できました。
・スキル2のスタンは物理/魔法の区別がなく、鉄の蹄の開幕バリアを貫通してスタンが入ることを確認しました。
※06/11更新
・スタンが複数の敵に入ることが不具合であったことが発覚しました。現在は修正されています。




スキル

1.Fatal Axe
キーンは斧を振り回して敵単体を攻撃する。大ダメージを与えるが、その分ダメージも跳ね返ってくる。(*ダメージ13500増加、与えたダメージの12%が返ってくる)


2.Furious Charge
キーンは突進して敵単体を秒間スタンさせる。その後キーンは自身の物理防御力と魔法抵抗を増加させる。(*防御力540上昇、魔法抵抗540上昇、スタンの確率はレベルと共に上昇する。)


3.Get Drunk
キーンは酔っぱらってHP回復、エナジー回復、ダメージボーナス、防御力上昇の中からランダムに1つの効果を得る。(*HP回復量12100上昇、268エナジーを回復、ダメージ3300上昇、防御660上昇)


4.Elder Strength
キーンはドワーフの闘争本能によって力の上昇を得る。(*パッシブ ― 力390上昇)

ポジション:前列
タイプ:力
属性:アックスギャング(斧を持つヒーロー)

攻撃パターン
入場後:スキル2→通常攻撃→スキル3→通常攻撃
繰り返し:通常攻撃×3→スキル3→通常攻撃×3


究極スキルで受けるダメージが初期値30%からLV9012%まで減る上に、力上昇に加えてムーングロウを5個も必要とする装備の厚さで、かなり硬くて強力な一撃必殺を持ったヒーローになりそうです。スキルのランダム性によりアリーナでは微妙そうですが、遊び心はありますね!


新たに、チェストから出るヒーローとショップコインで買えるヒーローの優先度ランキングのページを追加しました。よかったら参考にしてください。


ショップヒーローランキング


※PCから閲覧されてる方は、ブログタイトルの下に並んだメニューの中のINFOから参考情報のページに飛べます。






約2カ月前に行われたDesign Your Own Heroes、題してヒーローデザインコンテストの当選者上位10人(ヒーロー)が発表されました。
このコンテストで選ばれた10体のヒーローの中から1体が実際のゲームに採用されるそうです。(実装時期は未定)

以下、発表された10体のヒーローの詳細です。
06/07 翻訳終わりました(*'ω'*)

公式フォーラム
Top 10 for Design Your Own Heroes


原文
日本語訳(素人の翻訳なので変なとこあります)




6月のマジックストーンチェストヒーローWitchの詳細です。





スキル説明

 1.Evil Balls
 3つの邪悪な珠を召喚し攻撃を3回防ぐ。それぞれの珠は攻撃を受けると爆発し攻撃者にダメージを与える。(*ダメージ3150増加)

 2.Sorcery Vortex
 魔法の渦を作り出し、広範囲の敵に魔法ダメージを与える。(*ダメージ630増加)

 3.Witchcraft
 敵を呪い、魔法ダメージと目つぶし効果を与える。(*ダメージ896.8増加)

 4.Witch Blessing
 自身の知力を上昇させる。(*知力390増加)
 *Lv90時の数値です。


スキルパターン

☆入場後:通常→スキル2→スキル3→通常
☆繰り返し:通常→スキル2→通常→スキル3→通常


初期ステータス


Maxステータス(☆3)



ポジション:後列
タイプ:知力
属性:飛行

◎使えると思われる場所
外界の扉:北の竜(飛行タイプ)、怒りの血(スキル1)

◎優れている点
・ オレンジフル装備強化で沈黙抵抗が70%
・ スキル2が広範囲ダメージ
・ スキル3の間隔が短い(ミスティックより多く目つぶしを与えられる)
・ アイコンがかわいい
・ イラストがかわいい




※参考動画